ほうじょうき

変形性股関節症、後十字靭帯損傷、腰痛などを抱えながら人生模索してるブログ

全国の本物温泉旅館が存亡の危機に

allabout


法改正で「源泉かけ流し」が消える!?


水質汚濁防止法 」が、温泉旅館業界の間で急に注目を浴びています。
この法律は、「工場や事業場からの排水を規制することによって、川や海などの汚濁の防止を図り、人々の健康の保護や生活環境を保全し、不幸にも排水のために人の健康にかかる被害が生じた時には事業者の損害賠償の責任について定めることを目的」として、公害が社会問題化していた1970年に策定されました。
さらに、2001年の改正で、世界保健機関(WHO)の健康被害報告を受け、「長期にわたり摂取すると健康被害を招く」とされるホウ素やフッ素の基準が強化されました。ただ、その時点で、「低廉な除去装置がない」ことから、適用は先送りされ、2007年7月から新基準が適用されることになったそうですが・・・。
その、ホウ素やフッ素を排出する事業場として最も数が多く、排水規制の取締り対象とすると言われているのが「温泉旅館」だというのです!


それは、「温泉の泉質自体にホウ素やフッ素が含まれているから」ですが、この話を聞いたとき、環境省が本気でそう言っているのか、耳を疑いました。
温泉旅館の源泉かけ流しのおかげで、「長年にわかり健康被害を受けるおそれ」があるというのでしょうか。
もちろん、工場ならわかります。さらに、ボーリングして湧出させた人工温泉なら、あえて指摘されてもしかたないかもしれません。


ところが、指摘先の温泉というと、玉川温泉、草津温泉、松之山温泉、有馬温泉、道後温泉、別府温泉・・・などなど、全部古来から湧いて流れる自然湧出温泉です。
さらに、「日帰り温泉は排水規制の対象としない」そうです。なぜなら、「ちゅう房施設を使って食事を提供していないから」だそうで、ここまで来ると、何を規制しようとしているのか、その目的に強い疑問を感じえないのは私だけでしょうか。ちゅう房とフッ素・ホウ素は何の関連があるのでしょう?
さらに、除去装置も格安になり、一台3~4千万円で買えるそうです。これ一台買ったら、どれだけの旅館が倒産の危機に瀕するか、ご存じでしょうか。環境省さんの答えは「業界が求める価格帯の装置開発は困難」だそうで、まるで、この法改正がメーカーへの間接的利益供与と思えてなりません。
そのために、旅館業界側が考えている方策は、まず「希釈」。温泉を新基準まで薄める。湯船の湯を希釈するのであれば、みごとに消費者ニーズと逆行しますが、取り締まられては仕方ありません。そのために、井戸を掘って地下水で温泉排水を薄めて放流することも考えているそうですが、新たに地下水を掘りあげてまで自然湧出温泉を希釈するっていうのが、「環境」対策になるのでしょうか。


そのほかに、温泉を循環とし、温泉量を減らした上で下水や浄化槽処理することも可能でしょうが、湯量が多く、下水整備もされていない地域のかけ流し湯ではなかなか困難です。
さらに、食事提供用のちゅう房をなくし、日帰り温泉として登録して営業する案もありますが、そうすれば、高濃度のフッ素・ホウ素を大量排出しても罰せられないそうです。
この問題は、ほとんど広報されず、誰も知らないまま、突如、日経MJ(06年11月22日号)に掲載されることで、世間に知れ渡りました。


このまま新基準が適用になれば、温泉旅館の「源泉」の排水は規制され、罰せられることになります。確かに、草津温泉では、過去、下流の「ダム建設」のために水質を石灰で中和する工場を造るなどの配慮もしてきました。しかし、今回は、罰するのは温泉地ではなく、全国の「温泉旅館」だそうで、温泉地で希釈をしたり環境対策をしてもダメで、あくまで個別旅館で「源泉をそのまま排水していないか」取り締まるそうです。


日本温泉協会が、環境省に長年「湧出している温泉を利用した旅館を当分の間除外して欲しい」と要求してきた甲斐もなく、日帰り温泉だけ生き残り、旅館は厳しい規制下におかれることになったようです。
詳しい背景や事情を私自身がまだ飲み込めていないのかもしれませんが、現在報道されている点を読み、業界の声を聞く限りでは、今回の基準強化は、常識を逸脱し、事業場の解釈を偏向させた官僚の暴走にしか見えず、極めて遺憾に思えます。
もう少し、視野を広くもって、国民の意見も聞いたうえで改正を考えていただかないと、日本が古来から健康保養、療養に活用してきた「源泉かけ流し」温泉が一気に消える危機を迎えることになりそうです。


-------------------引用ここまで----------------------


要約すると


成分が濃い温泉は薄めろと。


環境に悪いと。


この法案のおかしな点は旅館はダメで日帰り施設はOKって所。


なんか納得出来ませんね。


この法案が施行されると温泉の死を意味します。


本物志向により多くの温泉が源泉掛け流しに走っているのに


それに逆行するような法改正。


これで多くの零細温泉旅館が暖簾を下ろす事になりそう。


昔からの味がある旅館がなくなるかもしれません。



[ 2006/12/01 02:43 ] 温泉紹介 | TB(0) | CM(2)

国民年金保養センター太宰府みかさの湯

またもや公共の温泉へ。


ここも最近は当たり前に成りつつある


源泉掛け流し。


が、HP に気になる文章が


当センターの天然温泉「みかさの湯」は、地下約1,600mの温泉脈(約45℃)から湧き出る天然温泉(約35℃)。その天然の恵みを、入浴に適した温度まで加温し「かけ流し」にしております。
また、露天風呂では「かけ流し」とあわせ、衛生管理のために浴槽内のお湯を一部ろ過しながら、清潔なお湯を皆様に楽しんでいただいております。
さらに、一日一回全てのお湯を抜き、3時間かけて浴室・浴槽の清掃を行いながら、衛生管理を徹底しております。



内風呂は大丈夫という事か?


入った感じは特に差を感じなかった。


泉質はアルカリ性単純温泉。


刺激の少ない美肌の湯です。


私には物足りませんけどね。


入浴料500円


国民年金保養センター太宰府
福岡県太宰府市連歌屋3-8-1
TEL 092(925)5801

[ 2005/11/25 11:28 ] 温泉紹介 | TB(0) | CM(0)

グリーンヒル若宮 清水の湯

久しぶりにグルーンヒル若宮へ。


国民年金健康センター


つまり公共の宿です。


最近は公共の施設にも


掛け流し温泉が増えていて


ここも掛け流しです。


残念な事に原油高騰により


入浴料が500円から600円になっていたが。


特に特徴は無い


アルカリ性単純泉だが


お肌にやさしい美人の湯です。


ほのかな硫黄臭もあり。


休日でも人もそんなに多くなく


源泉掛け流しで近場では


かなり良い温泉だと思う。


露天で流れ星も見れたしね。


グリーンヒル若宮のHP



国民年金健康センター『グリーンヒル若宮』
福岡県鞍手郡若宮町大字脇田778-1
TEL 0949(54)0305

[ 2005/11/24 03:20 ] 温泉紹介 | TB(0) | CM(2)

久々に温泉

金曜に行った店が同じ様なイベントをしているので

行こうかと思ったが、土曜なのでパスしました。


地元の出身小学校でキャッチボールをした後に

温泉に行きました。


年金健康センター グリーンヒル若宮


ここは安くてお勧めです。


福岡市内からは割り合い近いし

肝心なお湯も循環じゃなくて

掛け流しです。

人もそんなに多くないし

自然のなかで癒されますよ(^^♪

[ 2005/06/05 02:18 ] 温泉紹介 | TB(0) | CM(2)
Amazon


プロフィール

さく

Author:さく
障害者支援施設で支援員をしていましたが、変形性股関節症を発症してしまい自分自身も障害者となってしまいました。現在は色々食べていく道を模索しながら充電中です。

いらっしゃいませ♪
FC2アフィリエイト
google