ほうじょうき

変形性股関節症、後十字靭帯損傷、腰痛などを抱えながら人生模索してるブログ

敷金返還請求訴訟~長きに渡る闘いに終止符が打たれた!

9月以来、物件の所有者、管理会社、不動産会社等と

闘いを続けてきました。

本日終に決着が。


前回は通常裁判だったので、正にニュースで見るような

法服を着た裁判官に書記官、調停委員が2名で

法廷もお馴染みの感じでしたが、今回は小額訴訟だったためか

座談会の様な雰囲気。

自分にはヤクザの手打ちの様な感じがしましたw


スーツの裁判官を中心に円卓を皆で囲みます。

裁判官1名、書記官1名、調停委員1名、原告、被告。


最初に被告として登場した、不動産会社の社員らしきのを見た瞬間

これは有利な判決が出そうだと直感しました。

この社員は代理になるのですが、委任状もなく代理人申請もしていなかった。

これでそこそこ有名な不動産会社なんだから酷い話ですよww

裁判は委任状をFAXで送ってもらったりして、少々遅れましたが

なんとか始りました。


ここで被告から笑劇の一言が


被告 「私達は原告の主張と違って、家主ではありませんが、敷金は全額返済します」


裁判官も調停委員もキョトン顔です。


裁判官 「家主ではないがお金は払うのですね?」


被告 「はい」




であっさり終わりました。


こちらの主張は32万全額返済と年利6%の遅延金。


流石に裁判官が遅延金は免除するように言われたので

それについてはなしにしました。


32万円を3月末までに口座に振り込む。

遅れた場合は年利5%の遅延金&強制執行も可。


こんな感じで終わりました。


去年の9月以来の長い戦いでしたが

やってよかったです。

裁判しなければ、5万円しか返ってきませんでした。


敷金は帰ってきます。

引っ越す予定の人は戦略を立てて、預けたお金を取り返しましょう。

[ 2009/02/25 22:59 ] 呟き | TB(0) | CM(1)

能楽

能と狂言を見に行ってきました。


1月に茂山狂言会に


狂言と言えば、堅苦しい感じが
するかもしれませんが、狂言は喜劇であり
様はお笑いです。
演目は「素袍落」と「因幡堂」
狂言師はちりとてちんの小草若役でお馴染みの
茂山宗彦さんを含む茂山七五三御一家です。
前日に茂山七五三のワークショップも拝見していたので
入り込み易かったです。
狂言はない物をあると仮定してお話が進むので
想像力が刺激されて面白い。
今週末は能と狂言、来月は人形浄瑠璃に行きます。
狂言を見ると、奈良、平安の昔から
夫婦や親子の間の悩み事は変わって無い事がよく分かる。
むかしから、鬼嫁やかかあ天下は存在してたw
古典っていいよ~


今月は能も見てきました。

演目は「葵上」
光源氏を巡る女の恋のバトルです。


来月は人形浄瑠璃ですよ~

[ 2009/02/17 06:07 ] 呟き | TB(0) | CM(2)
Amazon


プロフィール

さく

Author:さく
障害者支援施設で支援員をしていましたが、変形性股関節症を発症してしまい自分自身も障害者となってしまいました。現在は色々食べていく道を模索しながら充電中です。

いらっしゃいませ♪
FC2アフィリエイト
google